本研究室は2019年4月に発足した研究室で,金沢工業大学 工学部 機械工学科 流体工学分野および高信頼理工学研究センターに所属しています.機械工学,特に流体工学,伝熱工学(主として強制対流熱伝達),熱流体設計学を専門としています.ものづくり,特に電子機器などのアプリケーションにおいて発生する熱流体現象をメインに取り扱っています.かつ,これらアプリケーションの高度化に必要な新しい熱流体制御の創成に向け,自然界の不思議な流れ現象に着目した基礎研究を行っています.

最近の研究室のトレンドについては,研究室の代表的な業績,報告をピックアップして紹介していますので,そちらもご覧ください.

現在の研究室メンバについてはこちらで紹介しています.

ビジョンと研究領域

「自然界の進化と機能に学ぶ」「スケールシフト学」「1DCAE/デライトものづくり」の3つの研究思想を中核に,ものづくりにおける自在な熱流体現象の設計・制御の実現を目指し,次に示す3つの領域の研究を推進しています.詳しくは、研究テーマにてご参照ください.

◇ バイオミメティクス(生態模倣工学)に着眼した
  革新的な熱流体制御技術の創成
(page)
(Keywords: 脈を打つ流れ,リブレット構造,魚類の泳動作,etc…)

◇ 1DCAE の概念に基づく次世代の魅力品質の創出に向けた
  熱流体設計法の研究開発 (page)
(Keywords: 1DCAE,デライト設計,熱流体抵抗網法,
 トポロジー最適化,Ashby法,工学教育,etc…)

◇ 電子機器のサーマルマネジメントの高度化に向けた諸研究 (page)
(Keywords: ファン空冷・ポンプ水冷,ヒートシンク,温度計測,
 熱物性評価,2D/3D印刷技術と熱課題,熱設計の標準化,etc…)

ミッション・ステートメント “6C”

研究室が設立された2019年4月に,メンバによって制定されたものです.

(イメージ図は近藤さん作成(2019)).

産学連携

ものづくりにおける熱流体課題に関する産学連携(共同研究・受託研究・技術指導等)について,ぜひご一緒させて頂ければと考えております.研究テーマのほうで実際の取り組みを紹介しておりますが,熱流体工学に関連したものづくり関連課題(特に電子機器・熱流体機器)に関して,各種ソリューション(可視化計測,各種熱流体性能計測,CFD解析,1DCAE/MBD など.実験・解析の両面から,適宜必要な手法を取捨選択させて頂きながら議論・検証します)にて対応させて頂くことができます.ご興味・ご関心などございましたら,コンタクト頂けましたら幸いです(福江,または弊学産学連携局 研究支援推進部までお問い合わせください).