詳しくは researchmap をご参照ください.

脈を打つ流れ(脈動流)

  • “脈を打つ流れに着眼した能動的冷却制御の研究進捗”
    福江高志
    日本機械学会 RC287 “新時代の電子デバイスと電子機器における信頼性設計評価と熱設計に関する研究分科会”
    第3回研究分科会 (2020).
  • “CFD-BASED STUDY ON HEAT TRANSFER ENHANCEMENT BEHIND A PROJECTION IN A MINIATURIZED FLOW CHANNEL BY PULSATING FLOW”
    Wakana Hiratsuka, Takashi Fukue, Hidemi Shirakawa, Katsuyuki Nakayama and Yasushi Koito
    Frontiers in Heat and Mass Transfer, 15-16 (2020).
  • “CFD-BASED INVESTIGATION ON FLOW PATTERN AND HEAT TRANSFER OF PULSATING FLOW AROUND A RIB MOUNTED IN RECTANGULAR CHANNEL (RELATIONSHIP BETWEEN FLOW PATTERN AND RIB HEIGHT)”
    Shintaro Hayakawa, Takashi Fukue, Hidemi Shirakawa and Yasuhiro Sugimoto
    Proceedings of the 31st International Symposium on Transport Phenomena; ISTP-31 (2020).
  • “EXPERIMENTAL STUDY ON RELATIONSHIP BETWEEN HEAT TRANSFER ENHANCEMENT AROUND CYLINDRICAL OBSTRUCTION AND WAVE PATTERN OF PULSATING WATER FLOW”
    Keiichi Hamatani, Takashi Fukue, Hidemi Shirakawa and Yasuhiro Sugimoto
    Proceedings of the 31st International Symposium on Transport Phenomena; ISTP-31 (2020).
  • “脈動流下におけるピンフィンヒートシンクの冷却性能変化”
    中西航基, 福江高志, 浜谷慧一, 白川英観
    日本機械学会熱工学コンファレンス2020 (2020), D134.
  • “曲がりを有する短形管内における脈動流の冷却促進と発熱体実装位置の関係”
    市川航平, 福江高志, 浜谷慧一, 白川英観
    日本機械学会2020年度年次大会 (2020).
  • “矩形流路内に設置した発熱体まわりの脈動流による伝熱促進と Reynolds 数の関係”
    浜谷慧一, 福江高志, 白川英観
    日本機械学会2020年度年次大会 (2020).
  • “リブつき水冷チャネルの脈動流による伝熱促進に関するリブ高さと Reynolds 数の影響”
    早川慎太郎, 福江高志, 白川英観
    日本機械学会2020年度年次大会 (2020).
  • “矩形リブまわりに誘起した脈動流の伝熱促進とリブ高さの関係についての数値解析”
    早川慎太郎, 福江高志, 白川英観
    第57回日本伝熱シンポジウム講演論文集 (2020).
  • “曲がりを有する矩形管内に設置した発熱体まわりの脈動流の数値解析”
    市川航平, 福江高志, 浜谷慧一, 白川英観
    第57回日本伝熱シンポジウム講演論文集 (2020).
  • “矩形流路内に設置した円柱周りの脈動流による強制水冷の実験的研究”
    浜谷慧一, 福江高志, 白川英観
    第57回日本伝熱シンポジウム講演論文集 (2020).
  • “CFD-Based Study on Relationship between Cooling Performance of Pulsating Flow and Rib Height mounted in Mini Rectangular Channel”
    Shintaro Hayakawa, Takashi Fukue, Hidemi Shirakawa and Wakana Hiratsuka
    Proceedings of the International Conference on Science, Technology and Society Studies; STS2020, Paper Accepted.
  • “脈動流による矩形発熱体まわりの伝熱促進に対する減速期間の影響度の評価”
    浜谷慧一, 福江高志, 白川英観
    日本機械学会 熱工学コンファレンス2019 (2019).
  • “脈動流とリブの組み合わせによる冷却チャネル内の伝熱促進に対するリブ高さの影響”
    早川慎太郎, 福江高志, 白川英観, 平塚わかな
    日本機械学会 熱工学コンファレンス2019 (2019).
  • “Basic Study on Flow and Heat Transfer Control around Heating Components in Rectangular Duct by Pulsating Flow”
    Takashi Fukue, Hidemi Shirakawa and Wakana Hiratsuka
    Proceedings of the 15th International Conference on Fluid Control, Measurements and Visualization; FLUCOME2019.
  • “冷却だってバイオミメティクス、脈動で伝熱促す”
    福江高志
    日経xTECH, 2018/6/25.
  • “自然界の知恵から学ぶ脈動流による電子機器冷却の新展開”
    福江高志
    エレクトロニクス実装学会誌, 21-2 (2018), pp. 114-121. ほか

魚類泳動作と流れの分析,自然界の流れ現象に関する研究

  • “矩形管内で流れに対向して遊泳するヒメダカ群の遊泳挙動と圧力損失の関係の考察”
    近藤京加, 福江高志
    第42回エアロ・アクアバイオメカニズム学会定例講演会 (2020), Paper Submitted.
  • “INVESTIGATION OF ANALYTICAL METHOD OF REVERSE KARMAN VORTEX GENERATED FROM A CAUDAL FIN OF A SMALL FISH SWUM IN LOW-REYNOLDS NUMBER FLOW”
    Kyoka Kondo, Takashi Fukue, Yasuhiro Sugimoto, Hiroaki Sumikawa, Tomoki Saka, Hidemi Shirakawa and Tasuku Miyoshi
    Proceedings of the 31st International Symposium on Transport Phenomena; ISTP-31 (2020).
  • “OpenFOAM内の重合格子ソルバの妥当性についての検証と魚類遊泳解析への適用”
    澄川太皓,三好扶,福江高志
    オープンCAE学会論文集 (2020), Vol. 2, No. 1 (2020), Paper No., OpenCAE2020-001.
  • “電場による油水界面不安定化の数値解析:不安定化の開始”
    中村一貴, 福江高志, 藤本雅則
    第57回日本伝熱シンポジウム講演論文集 (2020).
  • “OpenFOAMを用いた湾内流れの数値再現の試み”
    西川穂波, 福江高志, 菅沼幸男
    オープンCAEシンポジウム2019 (2019).
  • “魚型ロボットの泳動作で発生する流れのCFD解析と可視化実験の比較”
    近藤京加, 福江高志, 澄川太皓, 菅沼幸男, 坂知樹, 三好扶
    オープンCAEシンポジウム2019 (2019).
  • “OpenFOAMを用いた魚類のうねり動作に関する流体解析”
    澄川太皓,福江高志,三好扶
    オープンCAEシンポジウム2018 (2018).
  • “CFD-BASED VISUALIZATION OF DIFFERENCES IN MACROSCOPIC FLOW PATTERNS AROUND SEVERAL TYPES OF CAUDAL FINS”
    Hiroaki Sumikawa, Takashi Fukue and Tasuku Miyoshi
    Proceedings of the 7th International Symposium on Aero Aqua Bio-Mechanisms; ISABMEC2018 (2018).
  • “Advantages of Fluid Dynamic Characteristics of Marine Organism’s Shape for Designing Underwater Robots”
    Tomoka Shimizu, Wataru Satoh, Kazuma Obata, Kazuyuki Satoh, Takashi Fukue and Tasuku Miyoshi
    Proceedings of the 27th International Symposium on Transport Phenomena; ISTP-27 (2016). ほか

1DCAE概念に基づく魅力品質創成設計

  • “熱流体における必要な考え方・定式化の話題”
    福江高志
    長野県工業技術総合センター 1DCAE/3Dデジタル技術研究会「1DCAEの運用におけるヒントを学ぶ」(2020).
  • “製品・システムの複合化に対応した設計を支援 対話形式で解きほぐすModelica活用法:第6回 伝熱のモデリング”
    大富浩一, 平野豊, 福江高志
    機械設計, 64-5 (2020), pp. 56-64.
  • “コップの伝熱問題を事例にした1DCAEに基づく拡張Ashbyマップの構築”
    籔﨑有美恵, 福江高志, 大富浩一
    日本機械学会 1DCAE・MBDシンポジウム2019 (2019).
  • “熱の構想設計 ~ティータイムをより楽しむための熱の構想設計プロセス~ “
    福江高志
    機械設計, 63-10 (2019), pp. 19-24.
  • “新たな製品開発のアプローチ 材料・プロセス選定のためのAshby法と機械設計 第22回 Ashby法と1DCAEによる設計:事例 (フライパン材料の選定)”
    大富浩一, 福江高志, 山崎美稀,
    機械設計, 62-11 (2018), pp. 96‐101.
  • “「二重の紙コップ」を科学する ~ 伝熱と1DCAE ~” (特集:「考えるCAE: ものごとの本質を捉える1DCAE」)
    福江高志
    日本機械学会誌, 120-1188 (2017), pp. 20-23. ほか

電気回路と熱流体のアナロジーによる機能設計

  • “INVESTIGATION OF BRANCHING AND CONFLUENCE PRESSURE DROP AROUND FINNED HEAT SINKS FOR FLOW AND THERMAL RESISTANCE NETWORK MODELING”
    Masaya Fukada, Takashi Fukue, Yasuhiro Sugimoto, Tomoyuki Hatakeyama and Masaru Ishizuka
    Proceedings of the 31st International Symposium on Transport Phenomena; ISTP-31 (2020).
  • “バイパス付きフィンヒートシンクの熱流体抵抗網モデルに関する分岐・合流特性の影響”
    深田昌弥, 福江高志, 畠山友行, 石塚勝
    日本機械学会2020年度年次大会 (2020).
  • “矩形筐体内に実装したフィンヒートシンクの熱流体抵抗網モデル”
    深田昌弥, 福江高志, 畠山友行, 石塚勝
    日本機械学会 1DCAE・MBDシンポジウム2019 (2019).
  • “熱流体抵抗網法を用いた小型軸流ファンの冷却性能予測”
    福江高志, 畠山友行, 石塚勝, 廣瀬宏一, 小泉雄大
    電子情報通信学会論文誌C, J96-C-11 (2013), pp. 427-435.
  • “局部的な強制対流冷却を有する薄型筺体内流体解析への熱流体抵抗網法の適用”
    福江高志, 石塚勝, 山崎健太, 畠山友行, 中川慎二, 中山恒
    Thermal Science and Engineering, 19-3 (2011), pp. 81-93.
  • “熱回路網法による水産品凍結プロセスの高速予測技術の検討 第2報:複数の水産品を対象にした予測精度の改善”
    福江高志, 廣瀬宏一, 小西健太
    日本冷凍空調学会 年次大会講演論文集 (2016) ほか

電子機器内部の空冷ファン性能

  • “Effects of Restricted Inlet Flow on P-Q Characteristics of Small Axial Fans in Thin Enclosure”
    Yukio Masuda, Takashi Fukue, Tomoyuki Hatakeyama, Masaru Ishizuka and Katsuhiro Koizumi
    Proceedings of the 31st International Symposium on Transport Phenomena; ISTP-31 (2020).
  • “薄型筐体内での小型軸流ファンにおける流入流れの制限による P-Q 曲線への影響”
    菅沼幸男, 福江高志, 畠山友行, 石塚勝
    日本機械学会 熱工学コンファレンス2019 (2019).
  • “今一度「ファン」を知る ~現代の電子機器で盲点になっているファンの送風能力の「捉え方」~”
    福江高志
    電磁環境工学情報EMC (月刊EMC), 31-9 (2019), pp. 87-107.
  • “ファン空冷電子機器の熱設計に関する最近の研究動向”
    福江高志
    エレクトロニクス実装学会誌, 18-2 (2015), pp. 86-93.
  • “Relationships between Supply Flow Rate of Small Cooling Fans and Pressure Drop Characteristics in Electronic Enclosure”
    Takashi Fukue, Tomoyuki Hatakeyama, Masaru Ishizuka, Koichi Hirose and Katsuhiro Koizumi
    Proceedings of the ASME 2013 International Technical Conference and Exhibition on Packaging and Integration of Electronic and Photonic Microsystems; InterPACK2013, No. 73089. ほか

電子機器の熱設計プロセス

  • “リバース1DCAEから考える電子機器の熱設計”
    福江高志
    日本機械学会 1DCAE・MBDシンポジウム2019 (2019).
  • “小形表面実装部品の温度仕様に関する考察(合理的な熱設計を行うために)”
    平沢浩一, 内田昌宏, 福江高志
    日本機械学会 1DCAE・MBDシンポジウム2019 (2019).
  • “熱電対の設置環境により発生する温度誤差の分析に関する基礎研究”
    渡邊甲斐, 福江高志, 平沢浩一
    日本機械学会 熱工学コンファレンス2019 (2019).
  • “熱設計簡単ステップ:熱設計で使う公式と使い方をやさしく説明” (チュートリアル:トコトンやさしい熱設計)
    福江高志
    TECHNO-FRONTIER 2019 第19回 熱設計・対策技術シンポジウム (2019).
  • “実装と放熱経路の変遷に対応したサーマルマネジメントの標準化動向”
    福江高志, 平沢浩一, 内田昌宏, 岡田裕司, 平岩哲也
    エレクトロニクス実装学会誌, 21-2 (2018), pp. 130‐136.
  • “薄型筐体内で局部的な強制空冷をともなう高密度配線基板モデルの熱性能に関する研究”
    福江高志, 石塚勝, 中川慎二, 畠山友行, 下内智也, 中山恒
    日本機械学会論文集 B編, 76-771 (2010), pp. 1884-1892. ほか

電子機器内部の圧力損失特性のモデル化

  • “Basic Study on Flow and Heat Transfer Characteristics of Curved Rectangular Ducts in Electronic Equipment”
    Kota Kobayashi, Takashi Fukue, Koichi Hirose, Jun Ikehata, Yosuke Hata and Hiroyuki Ishikawa
    Proceedings of the 4th International Forum on Heat Transfer; IFHT2016, No. 2008.
  • “高速熱設計への応用を目指した複雑流路の圧力損失の体系化に向けた基礎的研究”
    福江高志
    日本機械学会 RC265 高密度エレクトロニクス実装における信頼性評価と熱制御に関する研究分科会 第19回分科会 (2016).
  • “Flow Resistance Network Analysis in Fan-Cooled High-Density Packaging Electronic Equipment”
    Takashi Fukue, Tomoyuki Hatakeyama, Masaru Ishizuka, Koichi Hirose, Kazuma Obata and Katsuhiro Koizumi
    Proceedings of the ASME International Technical Conference and Exhibition on Packaging and Integration of Electronic and Photonic Microsystems and the International Conference on Nanochannels, Microchannels and Minichannels; InterPACK2015 & ICNMM2015, No. 48600. ほか

印刷プロセスの熱設計

Direct Thermal Printing の研究:

  • “感熱印刷プロセスに影響する接触熱抵抗の評価”
    福江高志
    伝熱, Vol. 59, No. 246 (2020), 31-36.
  • “フォトプリンタ基礎:1DCAE概念とサーマル印刷の熱設計”
    福江高志
    2019年度 第3回 日本画像学会技術研究会(通算第143回)サーマル技術研究会 『モバイルフォトプリンタの最新動向』(2019).
  • “印刷プロセスの熱流体設計に関する研究”,
    福江高志
    日本伝熱学会 北陸信越支部 2018年春期セミナー (2018).
  • “Basic Study on Evaluation Method of Thermal Conduction through Printing Papers using 1-Dimensional Thermal Conductivity Measurement”
    Takashi Fukue, Hirotoshi Terao, Koichi Hirose, Yukiya Sasaki, Tomoko Wauke, Hisashi Hoshino, Toshio Tomimura and Yasushi Koito
    Proceedings of the 32nd International Conference on Digital Printing Technologies; NIP32 (2016).
  • “Relationship between Thermal Conduction Process and Transient Temperature Response of Printing Papers in DTP Process”
    Takashi Fukue, Hirotoshi Terao, Koichi Hirose, Tomoko Wauke and Hisashi Hoshino
    Proceedings of IS&T’s 31st International Conference on Digital Printing Technologies Digital Fabrication 2015; NIP31/Digital Fabrication (2015), pp. 273-276. ほか

FDM方式3D印刷の研究:

  • “FDM型3Dプリンターの樹脂流れと凝固シミュレーションモデルの確立”
    山本卓也, 福江高志, Komarov Sergey
    化学工学会 第50会秋季大会 (2018).
  • “3Dプリンタの印字プロセスの数値再現に向けた固液相変化モデルの開発に関する基礎検討”
    持田楓, 福江高志, 山本卓也, 竹内清人, 廣瀬宏一, 寺尾博年, 和宇慶知子
    オープンCAEシンポジウム2017 (2017).
  • “Attractive and Innovative Solutions for Highly Qualified 3D Printing Process Development in Next Generation”
    Takashi Fukue
    Printing for Fabrication 2017, The 33rd International Conference on Digital Printing Technologies: NIP33 (2017).

工学教育

  • “大学におけるものづくりとひとづくり~大学教育視点~”(ワークショップ「ものづくりとひとづくりの融合による新たな世界」)
    福江高志
    日本機械学会2020年度年次大会 (2020), W12105.
  • “共創力育成の観点から考察する東南アジア地域でのプロジェクト活動の効果”
    福江高志, 浦正広, 坂本宗明
    日本工学教育協会第68回工学教育研究講演会 (2020), 3B03.
  • “ポスターバトル:活動の比較を生み出すPBL成果発表会”
    浦正広, 坂知樹, 福江高志, 宮田孝富, 坂本香織
    日本工学教育協会第68回工学教育研究講演会 (2020), 3B04.
  • “異教員が設計・運営したプロジェクトデザインIにおける受講生の自覚する学びに基づいた同一性と学習効果の分析”
    浦正広, 秋山綱紀, 北川達也, 坂知樹, 田中泰司, 津田敏宏, 福江高志, 堀晴菜, 渡辺秀治, 岡田豪, 田中孝治
    工学教育研究 KIT Progress, 28 (2020), pp. 201-210.
  • “製品の品質設計をヒントにしたPBL活動初期の気づきの多様化に関する試み”
    福江高志, 坂知樹, 浦正広, 北川達也
    日本機械学会2019年度年次大会 (2019).
  • “ものづくり,ひとづくりとオープンCAEの関係の在り方”
    福江高志
    日本機械学会2019年度年次大会 市民フォーラム (2019).
  • “ラウンドテーブルディスカッションを軸としたPBL型教育の運営”
    福江高志, 坂知樹, 浦正広, 北川達也
    日本工学教育協会第67回研究講演会 (2019).
  • “PBLにおける議論活性化を促すドーム型ホワイトボードの提案”
    福江高志, 浦正広
    第9回知識共創フォーラム (2019).
  • “プロジェクトデザイン科目の効果的な授業運営に向けた学部特性の分析”
    浦正広, 北川達也, 坂知樹, 田中泰司, 津田敏宏, 福江高志
    工学教育研究 KIT Progress, 27 (2019), pp. 199-208.
  • ”初年次教育における機械工学の実体験が学びに与える効果 ~プロジェクトデザイン入門における機械工学基礎実験の導入~”
    福江高志, 瀬戸雅宏, 藤本雅則, 織田光秋, 島谷祐司, 吉田正就, 十河憲夫, 諏訪部仁
    工学教育研究 KIT Progress, 27 (2019), pp. 163-172.
  • “オープンCAEと Heat Think PBL” (特集: オープンCAEの現状)
    福江高志
    設計工学, 53-3 (2018), 220‐225. ほか

表彰

  • 2019.12.21 近藤京加さん
    オープンCAEシンポジウム2019 “学生表彰”
      ※ 受賞講演題目:魚型ロボットの泳動作で発生する流れのCFD解析と可視化実験の比較
  • 2019.12.5 深田昌弥くん
    日本機械学会 1DCAE・MBDシンポジウム2019 “ベストプレゼンテーション賞”
      ※ 受賞講演題目:矩形筐体内に実装したフィンヒートシンクの熱流体抵抗網モデル
  • 2015. 11 Takashi Fukue, 
    IEEE CPMT Symposium Japan 2015, “Young Researcher Award”
  • 2015. 4 Takashi Fukue,
    2014 International Conference on Electronics Packaging, “Outstanding Technical Paper Award”
  • 2014. 11 Takashi Fukue,
    The American Society of Mechanical Engineers, “ASME Reviewer of the Year Award 2014, Journal of Electronic Packaging”
  • 2013. 7 Takashi Fukue,
    The American Society of Mechanical Engineers, “Certificate of Appreciation: Co-Organizer, Thermoelectrics & Liquid Cooling Session at the ASME 2013 InterPACK Conference”
  • 2009. 7 Takashi Fukue,
    The American Socity of Mechanical Engineers, “The First Prize in the 1st ASME English Presentation Competition for Japanese Students and Young Engineers”
  • 2009. 3 福江高志
    “日本機械学会 三浦賞”
  • 2008. 3 福江高志
    “日本機械学会 フェロー賞 若手優秀講演”